ドイツ


海外旅行に行く時、候補となる魅力的な国はたくさんありますが冬にいくならばドイツは最適です。

ドイツは北海道よりも緯度が高いところにありますから、冬はとても寒いのですが、その寒さを吹き飛ばすイベントは注目です。例えばケルト市で開かれるカーニバルや本場ドイツのクリマスマーケットならばニュールンベルク、シュトゥットガルト、ドレスデンは歴史があり買い物してもいいですが、見ているだけでも時間があっという間に過ぎ去ってしまいます。さらに、ノイシュバンシュタイン城やホーエンツォレルン城など世界にその美しさを知られる名所もぜひとも訪れてみたくなるところです。

季節ごとに様々な顔を見せるといえば、ロマンティック街道は、必見の価値があります。ヴュルツブルクからフュッセンまでを繋ぐ366キロの道には、前述のノイシュヴァンシュタイン城を始めとして、世界遺産となっているヴュルツブルク司教館など歴史を感じさせる建造物がたくさんあります。

自然ではなく、建造物であれば、一年を通して見ることが出来るように思えますが、街道沿いの都市が紅葉の秋からクリスマスの賑やかな雰囲気へと切り替わっていく様を見ていくのは非常に楽しいものです。

そして何より、地方の名産を使った本場のドイツ料理と一緒にビールを飲めば、寒さも忘れて身体が温まってきます。

夏になるとロマンティック街道は観光バスでいっぱいになりますが、冬の静かな季節は自分でレンタカーを借りていくという楽しみ方もあります。自分のペースで好きな場所に立ち寄りながら走れば、満足のできる思い出づくりが可能です。

海外でレンタカーを走らせるということに不安を感じるかもしれませんが、ドイツは道路事情が非常によく、日本以上ともいわれています。ロマンティック街道は観光名所の一つですが、渋滞する恐れもそれほどないところなので、日本とそれほど変わらない感覚で車を走らせられます。

ドイツで車を運転するのは、国際免許証と日本の免許証を所持していれば認められるので、レンタカーを使いたいならば旅行までに取得をしておきましょう。